クレンブテロールは、元々はぜんそくの治療に使われている薬品です。
ダイエット目的や筋肉増強目的で使用する場合は自己責任で!



カッティングサイクルとT3について

ビルダーの間ではカッティングサイクル(減量サイクル)によくクレンブテロールが使用されますが、 これに加えT3をスタックするビルダーも少数ながら居るようです。 ただし、某掲示板でもあまり評判はよろしくないです。

もともとT3は甲状腺ホルモンの薬(サイノメルなど)ですが、安静時の基礎代謝や心拍数が増加することがわかっています。 主成分リオチロニンナトリウムの働きによって、甲状腺障害等で不足した甲状腺ホルモンを補う薬剤です。

口コミをみますと主に女性の間でダイエット目的で利用するケースが多く見られます。
代謝がよくなり、体がぽかぽかして汗をたくさんかくようになるのだとか。
他にも低体温や冷え性が緩和された、というコメントも多いです。

甲状腺ホルモンが体内に増えると細胞の代謝が高まり体脂肪が燃えやすくなります。また、甲状腺ホルモンは筋肉をつくる働きがあり筋肉の発達にも効果的と言われています。

しかしながら、ドーピングの世界では、T3、インスリン、DNPは 最も危険なドーピングとされています。 1ヶ月もホルモン剤を飲み続けると自身の甲状腺刺激物質が減ってしまい、飲むのを止めた時に甲状腺機能低下を起す可能性もあるのだとか。 これだと本末転倒ですね。多くは減量の最後の最後の一絞りのタイミングで短期的に使用するようです。

特にT3は副作用が強いと言われているため、止めといた方が良さそうです。もし減量などに使うのであれば、(もちろん自己責任ですが)サイクル終了後は必ず病院で検査を受けた方が良さそうですね。

 

↑ PAGE TOP