クレンブテロールは、元々はぜんそくの治療に使われている薬品です。
ダイエット目的や筋肉増強目的で使用する場合は自己責任で!



ダイエットとしてのクレンブテロール

クレンブテロールはビルダー達の間でカッティングサイクルとして利用されます。 カッティングサイクルとは、ステロイドなどの筋肉増強剤を使ってバルクアップさせた筋肉を絞って、より脂肪の少ない切れのある筋肉を作るサイクルのことを言います。

では、このクレンブテロールにダイエット効果はあるのでしょうか。 クレンブテロールの作用からダイエット効果に着目してみますと、以下の2点が挙げられます。

・非ステロイドでありながら強力なアンチカタボリック作用を持つ
・β2レセプターに作用してエフェドリンより高い脂肪燃焼効果を発揮する

これらの点から、ダイエットにも効果があると考えられるのではないでしょうか。

非ステロイドでありながら強力なアンチカタボリック作用を持つ

筋トレによって筋肉をつけ、代謝をあげることはダイエットにとても効果があります。 しかし、ダイエット時などで食事制限と筋トレを併用すると必要なタンパク質などの栄養素が足りなくなってしまいます。

その際に起こるのが「カタボリック」です。「カタボリック」とは筋肉を分解してエネルギーを得る状態のことです。 せっかく代謝をあげるために筋トレしていても筋肉が落ちてしまっている状態になっているのです。

クレンブテロールはこの「カタボリック」を防ぐための強力な作用を持つと言われています。 つまり、筋トレと併用することでカタボリックを防ぎ、筋肉を残しながら体脂肪を減らすことが出来る、というわけです。

β2レセプターに作用してエフェドリンより高い脂肪燃焼効果を発揮する

クレンブテロールはアドレナリン受容体(β受容体)を活性化させます。このβ受容体は脂肪分解を促進するものです。 また、クレンブテロールは心拍数を増加させ、体温を上昇させる作用があります。そのため、安静時でも軽い運動をしている感覚などと言われます。

クレンブテロール(Clenbuterol) の詳細はコチラ


 

↑ PAGE TOP